ブログトップ

TALES OF DREAM

tyamatarth.exblog.jp

理学療法評価

本日の講義は「理学的情報(理学所見)」 についてです。

理学的情報とは、視診触診形態計測疼痛ROM-Test筋機能姿勢歩行ADL動作分析リスクファクター特殊検査などによって得る情報のことです。

視診は、まず患者さんの外観を大まかに観察し、その後のより詳細な評価項目を選択するための準備段階です。観察する点は、①リハ室に入ってくるときの様子、②患者さんの表情、③どのような姿勢をとっているか、④筋萎縮あるいは肥大の有無、⑤浮腫の有無、⑥皮膚の状態・色、⑦変形の有無、などです。

触診は、実際に患者さんの身体に触れて熱感筋硬直弾力性スパズム、筋の短縮大きさなどを評価します。その際、指先は使わずに手掌を触診する部位に当てて、患者さんに痛みや不快感を与えないように注意する必要があります。

形態計測はメジャーを使って上肢や下肢の周径、上肢長や下肢長を計測します。これらは左右差の比較により、筋の萎縮や肥大の程度・有無、浮腫の状態、仮性延長、仮性短縮、左右の肢長差が分かります。

疼痛は臨床症状としては最も多く、それ自体が問題となり日常生活活動に大きく影響する因子となります。痛みの発症期間持続性強さ性質増悪軽快因子局在散在かがポイントになります。

ROM-Testは関節可動域テストのことです。可動域に制限が出るのは、筋スパズム(筋硬結)関節包性骨性などさまざまな因子があります。どの因子によって可動域制限が出ているのかを知ることで、可動域改善の介入方法が変わっています。
[PR]
by tyama0902 | 2006-04-26 23:47 | 勉強
<< 寝返りの介助技術 脊柱側彎症 >>