ブログトップ

TALES OF DREAM

tyamatarth.exblog.jp

頚椎牽引

本日の講義は、先週に引き続き物理療法のなかの牽引療法から「頚椎牽引」です。

頚椎牽引の目的は、
①頚椎の筋肉および関節構造の伸展
②椎間板隙と椎間板孔の拡大
③椎間板および周囲の軟部組織に対する求心的運動
④頚椎関節の可動化
⑤関節の刺激感受性の増加と変動
⑥正常姿勢による圧迫の軽減
⑦動脈血およびリンパ流の改善
などがあります。

牽引力は体重の1/10程度です。
牽引時間は持続牽引で最初は10分間とし、20分までを限度とします。間歇牽引は1分ごとに5~10回、1回の牽引時間は10~20分で通常3~4週間行います。

頚椎牽引の適応は、変形性脊椎症椎間板ヘルニア頚肩腕症候群慢性肩凝り慢性頭痛むち打ち症などです。

牽引は軽い運動として使う場合は別として、急性の捻挫(受傷後3~5日まで)など、運動が好ましくないすべての症例に対して禁忌となります。特に脊椎関節が不安定になっているような症例では、牽引が不安定状態や挫傷を悪化させる恐れがあります。他にも悪性腫瘍骨疾患骨粗鬆症(高度なもの)骨ないし関節の炎症に関係するような深刻なケースも禁忌となります。
[PR]
by tyama0902 | 2006-06-16 22:54 | 勉強
<< 久々県外へ 移動動作 >>